main_img.jpg

 

今、【国語力】の大切さが見直されています。

テレビゲームなどの映像カルチャーで育った子供たちは、長い文章を綴る機会をなくしています。

算数や英語などの重要科目の対策も大切ですが、
何よりも母国語である【国語力】がベースにないと、学校の授業にもついていけません。

読書をして文章を書くことで「表現力」・「想像力」・「発想力」 を養い、
読解力をつけることで理解力が深まり、
全教科の成績向上に繋がります。

【国語力】なくして、真の成績向上は望めません


「速読聴」で読書を‘楽しみ’、毎月作文を‘書く’ことで、【国語力】を養っていきましょう!

学ぶことの大切さは誰もが知っています。
しかし【国語力】なくして学ぶことができるでしょうか?

先ずは【国語力】をしっかりと身につけることです。

多才な子供の可能性のベースにあるのもの


それは【国語力】です!

 

 

 

「速聴」で音声を聴き、同じ内容の文章を目で追うことにより、「速読」を。
この速読聴トレーニングの繰り返しにより、「発想力」「理解力」「語彙力」が自然に身につき、脳を活性化します。

詳細はこちら

 

 
また普段より速い速度で読んでいる時の脳の働きを見ると、
より脳が活発に働いていることがわかります。

詳細はこちら
 

 
(小学2年生) 学校の先生の言うことがよく分かるようになったので、やる気が出てきた。習っていない漢字まで読めるようになった!
(小学5年生) 塾に行っても成績が上がらなかったけれど、読書・作文教室に通い始めたら、国語だけでなく算数や理科・社会まで成績が上がった。
(小学6年生) 今までマンガしか読まなかったけれど、本を読むのが大好きになった。偉人伝は、とくに面白い!
(中学1年生) 3倍速で速読ができるようになった。また脳トレで計算も速くなった。
 

中学受験☆全員志望校合格!おめでとう!

 

実績紹介はこちら